フウロ草 超ポイント祭?期間限定 ゲラニウム ‘オリオン’ 本物◆

フウロ草(ゲラニウム) ‘オリオン’

フウロ草 【超ポイント祭?期間限定】 ゲラニウム ‘オリオン’ 花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 苗物 , 花の苗物,outcomecq.sbs,616円,‘オリオン’,フウロ草(ゲラニウム),/gerenda475722.html フウロ草 【超ポイント祭?期間限定】 ゲラニウム ‘オリオン’ 616円 フウロ草(ゲラニウム) ‘オリオン’ 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 苗物 花の苗物 花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 苗物 , 花の苗物,outcomecq.sbs,616円,‘オリオン’,フウロ草(ゲラニウム),/gerenda475722.html 616円 フウロ草(ゲラニウム) ‘オリオン’ 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 苗物 花の苗物

616円

フウロ草(ゲラニウム) ‘オリオン’




フウロソウ科  宿根草(冬期半常緑~落葉)
学 名 : Geranium 'Orion'  
花 期 : 初夏・秋
草 丈 : 50cm前後(生育後の高さで花丈も含む)
耐寒性 : 強
耐暑性 : 中
日 照 : 日向~やや半日陰
お届けの規格 9~10.5cmポット苗

花径5cmを超える驚きの大輪品種
コンパクトな草丈で、大きな花を咲かせる整った姿は「次世代のゲラニウム」を思わせる
花期も長く、夏涼しいと春から秋まで楽しめる
RHSガーデンメリット賞を受賞した優良品種




↑大きく色も濃い花で見ごたえ充分です

~担当スタッフのコメント~

写真ではうまく写せませんが、すばらしいブルーの花です。色よし、形よし、大輪で姿はコンパクト。
丈夫で育てやすく、生育も早い と良い条件の揃った新しい品種です。
親は青系の著名な品種‘ブルックサイド’です。


↑アルテミシア ルドビシアナと


↑大株の様子


↑草丈がコンパクトで花壇の中ほどにちょうど良いサイズです


↑紅葉の様子(地域差があります) 
 本種は晩秋の紅葉も魅力の一つです。秋も花が咲く時期で、
 赤と青のまぶしいコントラストを見せてくれます

お届けする苗について(当店は寒冷地です)
通年、栽培管理を行いながら販売しておりますので、お届けの季節により苗の状態は様々です。おおよそ下記のとおりですのでご参照ください
春~夏 芽吹き~開花前~開花中または花後剪定済み
※生長が早いので切り戻しながら育てています
  短く剪定後の苗でお届けの場合があります
秋~冬 開花中または花後剪定済み~落葉の途中
冬~春 低温管理していますので
こちら寒冷地では冬~早春は地上部落葉中です


↑苗の様子 晩春頃

※季節により姿は大きく変化しますので参考程度にご覧下さい

基本的な管理
日  照 寒冷地 日向~明るい日陰
暖  地 昼過ぎから半日陰が理想
耐乾性 普 通 ある程度耐えます
耐湿性 普 通 ある程度耐えますが 高温多湿は嫌います
剪  定 どんどん伸びて咲きます 
花が減ってきたら3分に1ほどに短くカットし姿を整える
肥  料 春か秋 必要に応じて
増  殖 株分け
消  毒 目立った病害虫はありません

フウロ草(ゲラニウム) ‘オリオン’

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。